営業部女子課について 花咲かプロジェクト47について 会員制度について その他
Q1【営業部女子課について】営業部女子課の勉強会に参加するにはどうすればいいですか?
A.勉強会開催については、トップページ右下のスケジュールカレンダーに日程を掲示しておりますのでご覧ください。詳細やお申込みに関しては、その都度「お知らせ」にて公開しますのでそちらからエントリーください。なお、参加申込順に受け付けておりますので、定員になり次第申込を締め切らせていただきます。勉強会の特徴はこちらをご覧ください。
※東京の勉強会においてはお蔭様で開催日程公開後、短時間で満席となっています。「アクティベーター」会員になっていただくと優先的にお席を確保させていただきます。(アクティベーターで席が満席となった場合は、ビジターの方は参加ができません)
会員登録のご案内はこちら

  • 首都圏近郊の方・・・ 毎月都内にて定例の勉強会を開催しています。(勉強会の様子はこちら)東京の勉強会ページはこちら
  • 首都圏以外の都道府県の方・・・営業部女子課では、「営業女子の輪を全国47都道府県に広めよう!」という、『花咲かプロジェクト47』を進めています。これは2012年10月徳島県が第一号としてスタートし、地元の営業女子リーダー(通称:花咲か特派員)を中心に、勉強会やメンバー発案による活動が行われています。

既に営業部女子課がスタートしている都道府県はどこか、また近隣の都道府県で参加でき そうな場所はどこか、こちらの花咲かMAPをご覧ください。

Q2【営業部女子課について】営業部女子課では、勉強会以外の活動は行っているのですか?
A.東京・大阪で年1回開催する女子会があります(2013年夏の女子会TOKYO2013年夏の女子会OSAKA)。毎回50名以上の営業女子が集まる一大イベントで、営業部女子課としてもチカラを入れて取り組んでいます。また、営業部女子課公式オフ会も、勉強会に参加したメンバーで、各地にて不定期に開催されています。
Q3【営業部女子課について】どんな営業女子の方が参加しているのですか?
A.営業部女子課に集まる女性は、皆向上心が高く、仕事もプライベートも充実させたいと願う方ばかりです。積極的に参加され、かつ同じ営業という繋がりなので、初対面にも関わらずすぐに打ち解け、その後プライベートでも交流しお互いを高め合っています。
銀行、証券会社、損保、生保などの金融系から、人材系、広告系、食品、製薬、医療、消費財などメーカー系、流通、旅行、IT…本当に幅広い業種から参加されています。
新卒1年目の方から20年のベテランまで年齢も幅広く参加されていますが、20代から30代前半の女性が特に多いようです。
年齢も経験もバラバラですが、だからこそ情報交換することでお互いに得るものが多く、新しい発見になっているようです。
Q4【営業部女子課について】普段の勉強会では、どんなことをしているのですか?
A.「営業スキル」であったり、「営業女子としてのキャリア」であったり、「営業女子のワークライフバランス」であったりと、毎回違うテーマで開催しています。東京&全国支局では毎月テーマを変えながら開催しておりますので、お好きな時に参加ください。東京&全国の勉強会スケジュールをご覧ください。
Q5【営業部女子課について】一人の参加なのですが大丈夫ですか?

A.も ちろん大歓迎です。むしろ、初めて営業部女子課に参加される99%は、お一人での参加です。ご自分でネット検索されて申し込んだ方、太田の著書をお読みに なった方、メディアでご覧になり関心が沸いた方、上司や会社に勧められてきた方など様々ですが、どなたも最初の緊張は嘘のように、即打ち解けています。

Q6【営業部女子課について】私は営業職ではないのですが、参加できますか?
A.営業部女子課はその名の通り、基本は「営業職の女性」の参加となります。女性全般というよりも、法人や個人向けに製品、商品やサービスを提案する仕事(=営業)に携わる同じ立場の営業女子だからこそ、わかちあえる悩みや想いがあると思っています。企業に勤務する女性営業の方が圧倒的に多いですが、中にはフリーで営業に携わっている女性の参加も一部いらっしゃいます。
Q7【花咲かプロジェクト47について】営業部女子課を私の住む都道府県でも開催してほしいのですが、どうすればいいですか?
A.まずは、花咲かMAPをご確認いただき、ご自身の都道府県での開催があるかどうかをお調べください。
花咲かプロジェクト47は、地元に拠点をおく「花咲か特派員」の立候補そして営業部女子課からの任命を受けて、勉強会がスタートします。
もしご自身が「花咲か特派員」に立候補ご希望であれば、「花咲か特派員になるには」をご覧ください。花咲か特派員の募集は、年1~2回に行います。営業部女子課は確実に地元で花を咲かせたい気持ちで行っておりますので、スピード重視ではなく、じっくりと進むことを大切にしております。どうぞご理解ください。※現在、花咲か特派員募集は一時中断しております。次の募集は6月前後を予定しております。
Q8【花咲かプロジェクト47について】花咲か特派員になるには、どうすればいいですか?特派員になるとどんなことをするのですか?
A.今でも全国の花咲か特派員はみな、イキイキとリーダーシップを発揮しております。現役の営業女子でありながら、この営業部女子課という課外活動をすることで、仕事&プライベート双方に良い結果を生んでいるようです。詳しくは「花咲か特派員になるには」をご覧ください。※現在、花咲か特派員募集は一時中断しております。次の募集は6月前後を予定しております。
Q9【花咲かプロジェクト47について】私の住む都道府県以外で開催している勉強会に参加はできますか?
A.花咲かプロジェクト47では地元の特性を生かすことを大切にしているため、原則その都道府県に居住する、もしくは勤務する営業女子の方が参加条件となります。(東京と大阪の定例勉強会は、東京都もしくは大阪府以外の方でも参加可能です)しかしながら、地元に営業部女子課がない場合は、「アクティベーター会員」のみ近隣の都道府県への参加も歓迎です。※「アクティベーター会員」になるには、会員募集のご案内をご覧ください。
Q10【会員制度について】有料会員のメリットはどのようなものですか?

A.有料会員には、現役の営業女子向けの「アクティベーター会員」と「サポーター会員」があります。「ア クティベーター会員」になると、①勉強会への優先参加(全国共通)②全国各地で開催される勉強会記録情報の提供(全国の営業女子の生の声を知ることができ、勉 強会に行けなくとも他社営業女子のノウハウやキャリアの考え方に触れられます)③会員限定の相談・Q&Aサービスの利用が可能etc という特典があります。詳しくは会員ページをご覧ください。
※有料会員制度は2013年5月からスタートしました。

Q11【会員制度について】今までは無料で参加できたのに、有料制度を設けたのはどうしてですか?
A.社 会では、まだ営業女子は少数派です。だからこそ、会社を超えて営業女子が繋がり切磋琢磨できる「場」が必要だと考え、主宰の太田彩子がつながりを創る決意 をし、2009年12月より活動を続けて参りました。お蔭様で多くの営業女子の皆様からは温かいお力添えや参画をいただき、心より感謝しております。
こ れからの時代の営業は今まで以上に「価値創造」が求められます。私たちは、集まった営業女子のチカラをカタチに変え、女性視点での「価値創造」を実現して いかなくてはなりません。その実現のためにも、営業部女子課は単なる女子会や一過性のイベントではなく、女性営業職の活躍の場を創り出し、それをもって社 会に貢献するために、これからも永く、永く続けていかなければなりません。そのためには、今こそより強い組織づくりが必要だと考えました。営業部女子課の活動を健全に進めていくためにも、そしてより良い形で皆様をサポートさせていただくためにも、有料会員制度を設けることに致しました。
詳しくは会員ページをご覧ください。
※有料会員制度は2013年5月からスタートしました。
Q12【その他】女性営業を部下に持つ男性上司です。営業部女子課の活動詳細情報を知りたいのですがどうすればいいですか?

A.上司の方が女性営業の活躍を応援してくださることは、営業女子にとって大きな励みになります。女性営業を部下に持つリーダーの方には「サポーター」会員へのご登録をお勧めしています。サポーター会員になっていただくと、全国の営業部女子課で開催される勉強会内容の記録を、サイトにて閲覧いただくことが可能です。女性営業の気持ちを理解していただく一助にしていただけましたら幸いです。詳しくは 会員ページ をご覧ください。
「サポーター会員」は、上司の方以外でも、営業部女子課を応援してくださる方にもご提案しております。ぜひご検討ください。
※有料会員制度は2013年5月からスタートしました。

Q13【その他】企業のダイバーシティ担当者です。営業部女子課の活動を支援したいのですが、可能ですか?

A.企業様から、営業部女子課ならびに日本の女性営業の活躍をサポートいただくことはとても有り難く思っています。法人様としての応援は、個別にご相談ください。法人様用の、「女性営業活躍支援サイト」も合わせてご覧いただければ幸いです。お問い合わせはこちら

Q14【その他】営業部女子課とコラボレーション企画を進めたいです。どうすればいいですか?
A.営業部女子課には意欲的で向上心あふれる営業女子が数多く集まっています。皆、新しいことにチャレンジする意欲にあふれています。何か具体的な企画案がございましたら個別にご相談いただけましたら幸いです。お問い合わせはこちら。営業部女子課のビジョンやミッションに共感している方ばかりなので、すぐに打ち解け、盛り上がるようです。