ここでは現役の花咲か特派員であるメンバーの生の声をお届けします。
※下記の特派員は掲載当時(2013年)に特派員であった方の声となります。

現役花咲か特派員が質問に答えます!特派員Q&A

質問1 花咲か特派員にはどのような想いで立候補されましたか?

特派員の活動は完全に仕事外の位置づけですが、社外の活動を通して、
何か責任を持ってやりぬくことで人として成長し、大好きな地元のために何か貢献
できることはないかと思い、立候補しました。
(Yukari Ogawa特派員/神奈川支局

自分のモチベーション維持・自分の付加価値(強み)強化のため。
社内では結婚して時短で仕事して結果出してる女性もいなければ、
女性は仕事の過酷さに異動か退職していくのがほとんど。
だから3年後、5年後、先がみえないままの毎日でした。
営業という仕事は好きだからやり続けたい。だからこそ、
将来のキャリア形成を考えた際に何か糧となるのかなと思い立候補しました。
(井上真由美特派員/福岡支局

常に心の中で「女性の役に立ちたい」という
大きく呆然とした目標・夢を持っていました。
2012年の夏の女子会でこのプロジェクトの話を聞き、「役に立てることがあれば」と思い、
立候補しました。社会の中で役立ちたいことと、自己実現の双方が叶うと思いました。
(Chikako特派員/新潟支局

サイトで営業部女子課の活動を知り、大阪で初めて開かれた夏の女子会に参加しました。
これまで営業職の女性はまわりにいなかったので、業種は違えど皆それぞれに努力しながら
仕事をしていることを知り、とても刺激をうけました。
徳島でも、真剣に仕事と向き合う営業女子の皆様と自己成長を目指す本気の
勉強会をしたい!と思ったからです。
自分に刺激を与えてくれる素敵な仲間に出会い、共に学び合い、
共に成長していくことで、愛する地元徳島を営業女子の力で元気にしていきたいと思いました。
(笠井誉子特派員/徳島支局

営業は地位も学歴もお金も要らず、自分が変わるだけで結果に繋がります。
営業思考は人生が楽しくなるエッセンスもたくさん。生活に苦しんでいる女性も含め、
世の中の女性に同じ幸せを広めたかった。
(多々良みわ特派員/静岡支局

昔、私の会社の営業社員研修の講師が太田先生でした。
今までの講師の中で一番心に響き、モチベーションを維持するために
太田さんの書籍やブログをチェックしていた矢先の特派員募集!
青森県内の女性にも太田さんの思考を伝えていけたら・・と思い応募しました。
(今優子特派員/青森支局


花咲かプロジェクト47のイメージキャラクター・花咲か姉さん

質問2 花咲か特派員になったことで、嬉しかったエピソードを具体的に教えてください

取引先の男性社長より「営業部女子課」が掲載されたプレジデントを見せてくれ、
入会を勧められたメンバーが新しく仲間入りしたこと。男性陣にも認められることは嬉しい!
(今優子特派員/青森支局

自分と同じ想いを持つ仲間との出逢い。
こんなつたない自分が開催している勉強会でも遠くから来てくださったり、
「この勉強会に来るとモチベーションがあがる!」と喜んでくださる方が
いてくれると、特派員として嬉しいなと本当に思います。
(井上真由美特派員/福岡支局

質問3 特派員になったことで、大変だったエピソードを具体的に教えてください。
どう乗り越えましたか?

参加者を集める事。まだ乗り越えられてはいませんが、本部発信情報だけではなく
福岡からもブログをメインに勉強会情報以外の情報発信を行うようにしています。
また自分ひとりでかかえこまないように、有能で本当にカワイイサブリーダーにも
お願いしています。毎度助けられっぱなしです(笑)。
頼れる右腕がいるのは本当にありがたいことです。
(井上真由美特派員/福岡支局
▶ 福岡支局のブログはこちら (メンバーが交代で記事を投稿しています!)

1回目の勉強会の時、SNSや女子課のHPに頼っていたら、開催20日前になっても
いっこうに集客は進まず慌てました。「同じ志の仲間」に集まってほしい気持ちを持ち、
周囲に話を持ち掛けたことで、当日はメンバーが集まり、開催できたことに感極まりました。
「特派員でよかった」と思えました。同時に、他力本願ではダメだと心底感じました。
(Chikako特派員/新潟支局

質問4 特派員になってみて、得られたもの、成長感、自分が変わったなと
思えることを教えてください

周りに気を配るよう意識が変わった。
自分の業界だけでなく異業界の事を知る事ができ、視野が広がりました。
(井上真由美特派員/福岡支局

底力がつきました。決してあきらめないこと。また、自分一人の力ではできないことも多い、
独りよがりになってはいけないことに気付いた。
ワーク・ライフバランスの充実もしている。仕事(本業)とプライベート(特派員の仕事)は
本来別なものだと思うが、互いに相乗効果をなしていると実感。
女子課の活動で得たことが、本業にプラスの効果をもたらしています。
(たとえば仕事の企画立案時のアイデアであったり、モチベーションだったり…)
(Chikako特派員/新潟支局

会社も業種も年代も違う営業女子との話し合いは、単に仕事の仕方だけに留まらず、
女性の働き方、家庭や育児の事、キャリアデザインなど、女性としての生き方にも繋がり、
そんな事を真剣に建設的に話し合い、
アドバイスし合える仲間がいることはとても心強く、素晴らしい仲間を得られました。
また、特派員になってから、広く社会に目を向けるようになり、今まで気付かなかった
多くのことに疑問を持ち、目の前の事だけでなく子供達の未来を見据えて、
今という時代にやるべきことがたくさんあることに気付きました。
待っているだけでは何も変わらない!
知っていたけれど、これまでしなかったこと、誰かがするだろうと思っていたことに、
自ら積極的に取り組む姿勢が芽生えました。
(笠井誉子特派員/徳島支局

質問5 これからウチの支局でしてみたいこと!を教えてください

定例勉強会以外に、横浜行政の方と一緒に女性にとってより働きやすい環境を作ることを
推進できたらと計画中です。
(Yukari Ogawa特派員/神奈川支局

大阪・東京に続く夏の女子会等の大型イベント!
(井上真由美特派員/福岡支局

兵庫支局の大枠のテーマは「なりたい自分になるには」です。
独身から既婚、ママ営業まで、女性はライフステージによって環境が大きく変わり、
働き方も多様です。そんな中でも営業大好きな仲間と現状と未来をシェアすることで、
なりたい自分を叶えていきたいと思ってます!
(森谷芙希子特派員/兵庫支局

和歌山支局では、勉強会を通じて営業のスキルアップを目指すとともに、
大学など他機関との地元和歌山に密着した活動を進めています。
和歌山は営業女子が少ないのが現状ですが、営業女子の力で和歌山しかできない・
和歌山だからこそできるものを実現していきます!
(平井美那子特派員/和歌山支局

これから立候補する方への応援メッセージをお願いします

花咲か特派員に興味を持たれた方は、ぜひ勇気を持って自らの意志で立候補をして下さい!
「私にできるのかな?」そんな不安な気持ちは、大きな志を持ち、
目の前の事に全力投球することで消えてなくなります。

チャレンジすること、一歩を踏み出す事が自分自身の大きな成長に繋がり、
上手く行かない時はその問題を解決するための問題解決能力が鍛えらえます。
そして共に学び合う仲間が出来れば、その仲間のため!これから続く後進のために!
とより大きな使命感を感じることができ、
自分自身がより強く大きくならなければと更なる自己成長が促されます。

この特派員での体験は、これから管理職を目指す方やキャリア形成においても、
多くの気付きと学びを得られるだろうと思います。
ぜひ、一緒に全国に営業女子の笑顔の花を咲かせましょう!
素敵な仲間に出逢えるのを楽しみにしています。

(笠井誉子 第一号特派員/徳島支局
※徳島支局は、花咲かプロジェクト47の第一号支局として2012年11月に誕生しました

花咲か特派員についての詳細ページはこちら
▶ 花咲か特派員について