【北海道勉強会レポート】~営業が好きになる座談会~大満足の勉強会でした!

12月9日、北海道支局で勉強会を開催しました。

テーマは「~営業が好きになる座談会~」

大友彩加特派員企画第1弾の勉強会。
少人数ながらも初めて参加の方もいらっしゃり、顔なじみのメンバーがアドバイスをするシーンもありながら、終始笑いありの和やかな会となりました。

この座談会では、参加者同士でリアルな営業ストーリーを聞いて、「営業って楽しい」と改めて認識する時間となりました。
また、それらはこれから営業職につく方にとっては、営業職に興味を持つチャンスとなり、仕事のやりがい・心温まるストーリーをみんなで囲んで、営業職の楽しさややりがいを共有し、その成功例の方法論を学び、自身に取り入れてモチベーションを上げる機会ともなりました。

勉強会の流れとしては、
1 導入(大友:本日の概要~女子課紹介・秋フェスの様子)
2 営業の楽しさの共有の経緯(太田さんの本「営業が楽しくなる12の物語」北海道バージョン)
3 各自ワーク
4 各自の「ヒーローインタビュー時間」を取り、発表
5 次回予告
としました。

【気づいたこと】
・ヒーローインタビュー(10分間)にする事で、参加者のみなさんのキャラクターがしっかりとわかる貴重な時間になりました。
・営業するものも「形に残るもの」「形に残らないもの」でエピソード内容にも変化がありました。

【エピソード】
・何度も諦めずに粘り強く通い続けた事で契約に至る。(自己の「まじめさ・粘り強さ」を把握し達成に至った実績)
・1つの受注がきっかけで、社内評価があがり(昇格)、お客様との絆が深まった。営業人生を語るには忘れられない受注がある。(ランチアポをとり、キーマンの趣味が音楽である事を知り、それまでなかな仕事以外の話が難しかったが関係性がスムーズになった)
・転勤の際、お客様からプレゼントをいただいたり、担当が変わった今でも「あの人は元気にしている?」と、 自身を気にかけていただけているという話が耳に入ると、嬉しいものです。
→ここで参加者から営業思考について解説してくださる一幕がありました!
・飲食店勤務時代、プリン販売個数はお店でいつもNo.1だった実績あり!(→このことから、営業のお仕事を始めたばかりだが、 営業職としての素質あるね!と皆からお褒めの言葉が)
・街頭アンケートで、契約を1日に2件獲得。営業していく自信に繋がった!
・新たな提案を行う事で、会社としてもお客様に満足して貰えるものを提供出来て喜びとやりがいを感じた。(売上げ目標も3倍超えを達成し、その後昇格した)
・人生の分岐点にたっている人たちの一押しをする事で、その人が理想的な生き方に勧める事をしていくのがやりがい。 お仕事の頑張りは人が好きだから、だから頑張れる!

このようにただエピソードを聞くだけではなく、先輩営業からは、営業なり立ての方にアドバイスをするシーンもあり、その成功のための方法はどうやったの?など質問も沢山出ていて、聞くだけじゃなく自身に取込み、発展させることの出来る会になり、「営業が好きになる会」をまさに自然に叶えられた時間でした。

これこそ、大友特派員が昔から大好きだった本「営業がかけがいのない仕事になる12の物語」の北海道バージョンとなる、大満足の勉強会でした。

カテゴリー: 勉強会(全国), 北海道支局, 花咲かプロジェクト47 パーマリンク