【達成女子大学レポート】達成女子大学premium第3期 ついにフィナーレ! 第6回『営業女子の市場価値を上げる生き方・働き方』大盛況でした!!

今年1月にスタートした達成女子大学premium第3期。
初夏の陽気を感じる清々しい土曜日の朝、ついに最終講義がスタートしました。
会場には、元気な営業女子の皆さん、約30人が大集結。
何といっても、この日の講師は株式会社morichの代表取締役・森本千賀子さんです!
受講生のみならず、営業部女子課の代表・太田も気合が入ります。
「私自身、心から尊敬する森本さんの講義です。営業女子の皆さんには一言一句、聞き漏らさないように聞いて欲しい!」
「営業女子としての自信、営業女子としてもっともっと働きたい!という想いを高めてほしい!」
という熱いメッセージがありました。

この日のテーマは「営業女子の場価値を上げる生き方・働き方」
森本さんは何と、この日の講義が楽しみすぎて、朝から5キロものマラソンをこなしてから会場入り。講義の滑り出しから、とっても明るくパワフルな雰囲気が広がりました。

※株式会社morich https://morich.jp/

ご自身の会社の活動だけでなく、一般社団法人としての活動や、社外取締役、顧問、そして子育てをするお母さんと、様々な顔をお持ちの森本さん。
採用や教育の分野だけでなく、企業ブランディングなどHRの領域で幅広く組織の課題を解決する「オールラウンドエージェント」としても活躍されています。
そんな森本さんから
「40代を迎えると目線が社会に向いてきます」
「これまでお世話になった社会に貢献したい。という気持ちになります!」
などと、聞いているだけで、これからのキャリアが楽しみになるような、ワクワクするお話しをいただきました。

そして今回の講義のテーマである「働き方」について。
そもそも「人材紹介業」の歴史とはどんなものか。そして今や「ヘッドハンター」というドラマが放送されるに至るまで、日本において「働き方」がいかに注目を集めているか、ということをお話いただきました。
その中で、森本さんが感じていらっしゃるのは
「この時代において、リスクを取らないこと自体がリスクである」ということ。
自分自身のキャリア開発は、自己責任で行うべき時代になっている、と森本さん。
社会がどのように変化しようとも、柔軟に対応できる「複数の選択肢」を常に持っておくことが大切。
特に営業女子にとっては壁となって立ちはだかる「仕事」と「結婚」の関係についても、キャリア形成の際に大切な考え方がある、と教えていただきました。
さらに、営業女子が、自分自身の価値をあげるための秘訣も、今回の参加者のためだけにこっそり伝授。
営業職の魅力についてもお話いただき、受講生はみんな、自分の仕事に改めて誇りを感じた様子でした。
これからは、女性が管理職になっていく時代。
「出産前に積んでおきたいキャリア」についてもお話がありました。

次に「今、世の中で求められていること」について。
「変化に対応する力」=「失敗を恐れずにチャレンジすること」。
この時代を強く生き抜くために必要な力についてお話いただきました。
森本さんは営業の仕事を通じて、目標設定や努力の仕方を身につけて来たと言います。
これらは、仕事の幅を広げるために必要なスキル、という指摘に、受講生は納得顔でした。

最後に「キャリアを考える上で大事なこと」。
仕事を通じて何をなしとげたいのか? 使命感を持つことが大切。
そして「何事も始める時に遅すぎることはない」「苦難や苦境にこそ学びがある」という激励の言葉を頂き、受講生はみんな、パワーがみなぎっていました!

森本さんが大切にしている言葉があるそうです。
「いま、ここ、で、自分で選んだ人生を、正解にできるのは自分だけ」
そのためには、気づくこと、動くこと。それによって、知ること、理解することが大切。
そしてまた、次の気づきにつながると言います。
たくさんの、心に響くメッセージをいただき、講義は終了となりました。

カテゴリー: 勉強会(全国), 達成女子大学 パーマリンク