【東京レポート】GIVER=与える人 になろう!働く仲間や職場を盛り上げる「チアスピリット」の極意

116日、東京で「GIVER=与える人 になろう!
働く仲間や職場を盛り上げる「チアスピリット」の極意」を開催しました!

講師はプロフェッショナルチアリーディング協会・エグゼクティブディレクターの高橋りか氏。

「チアスピリット」とはチアリーダーは観客や選手を応援し、励まし、元気付ける役であり、「チアリーダー」とは応援の専門家と言います。

職場でも良い成果を出すために、周囲を巻き込んだり、相手に好意的に働きかけ、チームの一体感をつくっていく。
チームを盛り上げて、みんなと働く幸せを分かち合うことが必要になってきます。

勉強会では「チアスピリット」において大切にしていることを学びました。

①笑顔
近くで話す時の笑顔と遠くの人に伝える時の笑顔で種類を使い分けたりするとのこと。

②コミュニケーション
言ったつもりではなく、相手にとって本当に伝わっているのかを考える。

観客を巻き込み、チアリーダー内でコミュニケーションをとり選手にしっかり伝えるということが必要です。

③信じ抜く力
大差で負けている状況であっても、チアリーダーだけは最後まで諦めないで応援し続ける。

応援することで観客の雰囲気が変わり、選手に伝わる。
そして最後の一点が入ることもあるそうです。

3つとも職場においても大事なポイントだなと感じました。

そして今回は特別に「チアリーダー」を体験。
チームに分けて曲に合わせて相手チームを応援し合います。

最初は自分の踊りを覚えるだけで頭がいっぱいの皆さん。

次第に相手のことに目がいき元気に掛け声をかけたり、目線を届けたりなど、チームのみんなで今、自分ができることを考えていきます。

そうすると応援されている人も「明日からも頑張ろう!」と思えたなどの声が上がりました。

最後は自分の状況に置き換えて考える時間に。
そして、「明日から変えられる自分の行動」をシェアする時間をとって終了しました。

参加者からは

・笑顔を見せられるだけで嬉しくなると感じました!
・応援する、応援されるのはどちらも気分が良いし頑張ろうという気持ちになれました。
応援されると応援しようという気持ちになりましたので、積極的に会社の人を応援していこうと思いました。
・うまく関係ができていない人とは数字以外の目標共有ができていないと気づくことができました。
・いつも応援といってもここまでのマインドでやってなかったと気づくことができました。
一体感があって楽しかったです!

などの声をいただきました。

 

カテゴリー: 東京, 勉強会(全国), 花咲かプロジェクト47 パーマリンク