【達成女子大学レポート】達成女子大学premium第4期!営業女子版「1分で話せ!」~短く伝えて惹きつける方法~

営業女子のための営業スキル講座「達成女子大学premium第4期」。
2018
128日に、2回目の講義が行われました。

講師は大ベストセラー「1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術」の著書であるYahoo!アカデミア学長伊藤 羊一氏。

テーマは営業女子版「1分で話せ!」~短く伝えて惹きつける方法~

参加者には既に本を読んだ人もいるほど、営業女子であれば興味関心の高い内容です。

まず最初にそもそも、私たちは何のために「伝える」のでしょう?という問いから。

コミュニケーションは「聞き手が決めることであり、相手に動いてもらうためにどうするのか」という視点を持つ必要があります。

具体的にはAIDMAを意識した伝え方をすると良いとのこと。

まず「スッキリ、簡単に伝える」「ロジカルに考えたストーリーで伝える」という点について。

ロジカルに伝えるのが大切なことはなんとなくみなさんわかっているものの、「実際どうやって伝えたら良いの?」と思う方が多いのではないでしょうか。

先生にはあるフレームを使って、ワークをしながら習得していきました。
実践編では「今、自分が欲しいものについてロジカルに伝えよう」というテーマで考えていきました。

自分で考えたあとは「早速、隣の人に伝えてみよう!」ということでプレゼンが各方面で行われました。

先生に「今までワークをした中で一番熱いんじゃないかというほど賑やかですね」とコメントをいただくほど、みなさんプレゼンに力が入ります。

参加者を代表して「自分がほしいリュック」について全員の前で堂々とプレゼンを行い、先生にフィードバックもいただきました。

 その後、相手に「いいね!と思ってもらう方法」「覚えてもらうための工夫」に関して教えていただきました。

最後に、相手を動かすために忘れてはいけないのは「情熱と自信」が重要であるとのこと。

「情熱と自信」でお客さんが動くことはみなさん多く経験しているのではないでしょうか。
改めて自社の商品を好きになる努力や事前準備の必要性に関して考えせられる内容でした。

参加者からは、
・シンプルに話すということを先生ご自身が体現されていてわかりやすかった。
・常にゴールを意識して短いワードで話すことを実践していきたい。
・意味がつながっていればロジカルという点が納得感があった。
・情熱と自信で社外、社内でしっかり伝え相手を動かしていきたいと感じた。
・訓練して伝える力に磨きをかけたいと思いました。
・聞き手を迷子にさせないというワードにグッときました。
という声をいただきました。

達成女子大学premium第4期の次回講座1月12日(土)は、
営業女子のためのファイナンス入門~財務諸表を読み解けば お客様が見えて来る~
を開催します。

ご参加お待ちしております!

お申込みはこちら

カテゴリー: 達成女子大学 パーマリンク