【愛知レポート】女性営業として信頼を勝ち得る外見のセオリー

2月9日、愛知支局にて「女性営業として信頼を勝ち得る外見のセオリー」を開催しました。

女性営業にとって、外見は顧客から信頼を得るためのパッケージデザイン。
外見のイメージが発する情報を知ることで、意識的に見せたい自分を演出するスキルを身に着けるための勉強会として開催しました。

講師はイメージコンサルタントの坂東 藍子氏にお越しいただきました。

坂東さんは人が幸せを感じるのは内面の変化だけでなく、外見からのアプローチも有効と考え、イメージコンサルティングを学び、イメージコンサルタントとして起業。

顔、骨格、カラー診断などを用いたトータルなコンサルティングが高い人気を集めていらっしゃいます。
https://www.salon-de-anil.com/about/

まず自分の素材を知り、似合うの法則を身にけるための講義からスタート。

そのうえで女性営業として相応しいTPPO(時、場所、人、機会)の使い分けをワーク形式で話し合いました。

失敗しない買い物の仕方やアイテムの使い方など、即戦力となるスキルも満載。
それぞれの発言をみんなで共有する時間もたくさん見られました。

その後の懇親会でも講師を囲み、和気あいあいとした雰囲気でした。

参加者からは、
・目からウロコの情報がたくさんありました。
・とにかく朝何も考えず、洗濯して乾いている服から手に取っていたけど、外見を戦略的に作る、使うことの重要性がわかった。
・もっと自分を魅せることを楽しみたいと思った。買い物に行きたくなった。
・他で受けた骨格診断やカラー診断と、自分の好みとの間にある葛藤について悶々としていたが、それを解消できてスッキリした。
・ワークを通して、外見が人間関係を円滑にする手段だと実感した。
という声をいただきました。

カテゴリー: 勉強会(全国), 花咲かプロジェクト47, 愛知支局 パーマリンク