【達成女子大学レポート】達成女子大学premium第4期!あきらめないで自分らしいキャリアをつかむ方法

営業女子のための営業スキル講座「達成女子大学premium第4期」。
2019
年2月16日に、4回目の講義が行われました。

講師はkay me株式会社 代表取締役 毛見 純子氏。

kay me様には「達成女子大学premium第4期」で毎度素敵な会場をご提供いただいています。
いつも入るだけでテンションが上がります。

毛見先生は、女性起業家の国内最高峰アワード「日本政策投資銀行(DBJ)女性起業大賞」を受賞し、BBC(英国国営放送)にもご出演された、今、大注目の起業家です。
あまりにも華やかで、私たちからは遠い存在……と思ってしまうかもしれませんが、実は彼女も、最初は私たちと同じ営業職でした。

テーマはあきらめないで自分らしいキャリアをつかむ方法
~注目の女性起業家直伝! WHAT(やりたいこと)×HOW(やり方)の方程式~

新卒で入社されたベネッセコーポレーションさんでの営業時代のお話、コンサルタント時代のお話など、盛り沢山の内容でした!

まず最初にkay me株式会社さんのミッションからお話いただきました。

kay meさんは挑戦する女性を応援するというミッションで事業を展開していらっしゃいます。

仕事服が抱えている課題を解決することで挑戦を応援するというもの。

確かに仕事服といえば、シワになってしまう、長時間着ているとなんだか疲れてきてしまう。
毎日のコーディネートどうしよう・・・。など働く女性にとって服の課題って多いことに気づきます。

毛見先生の営業時代、そしてコンサルタントの時代から思っていた小さな課題、想いが商品に込められているといいます。

そんな毛見先生も今は起業されて成功をおさめていらっしゃいますが、働きだした当初からやりたいことが明確だったわけではなかったとのこと。
ただ、ご実家の祖父母が着物屋さんを営んでおり、祖母の姿を近くで見ていたことから、自然といずれは「自分も責任を負って何かを創る人になりたい。」と思ったそうです。

それからkay me株式会社さんの事業を開始されるまでのWHAT(やりたいこと)とHOW(やり方)をお話いただきました。

まずは考え方から。人生は有限。
時間を大事にして、自分も人もポジティブにしたいと考えていらっしゃったようです。

ポジティブな人を増やす方法が大学当時に分からず、まずは就職先として営業職を選択。
当時の失敗談やその後転職してからコンサルタント時代で得た経験について。
ご自身のキャリアについてお話いただきました。

毛見先生は、自分の経験は自分にしかなく、実体験と俯瞰性が大切だといいます。

自分のキャリアを軽視しないで一つずつの粒を捉えてみる。
2つ、3つ掛け合わせると他の誰でもないユニーク性があるとのこと。

今までと違った視点で自分のキャリアを振り返る必要があるということを学びました。

そして、起業1日目のお話はとても印象的でした。

アパレルや服飾関係の知識がなかったのにもかかわらず、実現したい想いと営業時代に培った行動力、そしてコンサルタント時代に養われた分析力をフルに活かしたお話。

そしてテストマーケティングして、クイックに仮説検証してみること。

ゼロから形にしてこられたお話は勇気づけられる内容ばかりでした!

最後は参加者からの質問タイム!

次への挑戦のタイミングやリーダーにとって重要なことなど、時間の許す限り参加者からの質問が飛び交いました!

参加者からは、
・次へのチャレンジを考えていたタイミングだったので参加してよかったです!
・勉強し続けること、チャレンジし続けること、すぐに行動にうつすこと。結果を出す人に共通しているポイントだなと感じた。
・「コンプレックス(足りないこと)」を自分から取りに行くという話が印象的だった。
・嫌なことでもやってみる、問題解決を大切にするという話が勉強になりました。
という声をいただきました!

達成女子大学premium第4期の次回講座3月16日(土)は、営業女子のための超スピード仕事術~エクセル作業を20倍高速にする時短の裏ワザ・エッセンシャルズを開催します。

ご参加お待ちしております!

お申込みはこちら

カテゴリー: 達成女子大学 パーマリンク